マスク 漂白剤 ピンク

 

マスク生活もすっかり定着して、毎日使うため、使い捨てではなく、

洗って使えるタイプのものを利用する人も増えてきましたね!

しかーし!

メイクなんかをしていると結構、マスクの内側って汚れていたりして、

普通に洗うだけじゃキレイに落ちなかったりして。

そんな時登場するのが漂白剤 ド━(゚Д゚)━ン!!

よかれと思って使ったのが運のつき。。。

マスクがピンク色に変色してしまった!

なんてことなっていませんか?

このピンク色に染まってしまったマスク、

元通りにする方法って何があるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

マスクが漂白剤でピンクになるのはなぜ?

 

よかれと思って使った漂白剤が、マスクを白く蘇らせるどころか、

逆に色がついてしまいピンクになってしまうのには、

ちゃんとした理由があるんです(`・ω・´)b

これさえ知っておけば、次回からマスクを洗うときには、

ピンク色に染めることがなくなるので、

ぜひ覚えておくといいですね!

 

ということで、漂白剤を使ったらマスクがピンクになってしまう問題。

原因というか一つの要因となってしまうのが、

ずばり!日焼け止めなんですm9っ`ω´) ビシッ!!

中には、日焼け止め使ってないけど?

って人もいるかもしれませんが、ファンデーションやメイク下地には、

日焼け止め成分が入っているものって結構少なくないですよね。

なので、メイクしている人も要注意です。

 

それで、日焼け止めの成分がマスクに付着したまま、

漂白剤などに浸けてしまうと、

漂白剤の塩素と日焼け止めの成分が反応して、

マスクをピンク色に染めてしまうんです(°□°)⊅!!エッ

化学反応ってすごいですよね。

 

とはいえ、洗って何度でも使える布マスク。

漂白剤でピンクに染まってしまっては、

もう元の真っ白なマスクに戻すことは不可能なのか?!

そんなことはないです^^

ピンク色を落とすことは簡単にできちゃいます♪

 

スポンサーリンク

 

漂白剤のせいでピンクになったのを戻すにはどうすればいい?

 

そんなわけで、漂白剤とマスクに残った日焼け止めの見事な融合による、

ピンク色に染まったマスクを元通りの色に戻す方法について。

と、すごそうに書いてますが、

マスクに残っている日焼け止めが落ちれば、

ピンク色もそのまま落とすことができるんですよね。

なので、マスクについたピンク色を落とすには、

日焼け止めをしっかり落としてあげればOKということ^^

では、一体どうやって落とせばいいのか?

 

液体洗剤を原液のまま浸けこんでみよう!

一番オーソドックスな方法が液体洗剤の原液を使う方法。

ポイントは洗剤を薄めずに原液をそのままつけることです。

やり方としては、

①マスクに液体洗剤を原液のままつける

②10分くらい放置

③マスクを押し洗いする(マスクの繊維を壊さない程度に優しく)

④しっかり濯いで洗剤を落とす

家にある液体洗剤でも十分いけますが、

アタックZEROは布マスクの洗濯についても謳っているので、

ちょっと気になるところです。

よくCMでもやっていますが、

ワンハンドで使えるってのはラクでいいですよね♪

 

洗濯用固形石鹸もいい!

洗濯用固形石鹸のいいところは、

何と言ってもその洗浄力のよさ(`・ω・´)b

落ちにくい汚れも洗濯用固形石鹸にかかれば、

キレイに落とせてしまうなんてことも朝飯前だったり。

で、それはマスクについたピンク色も例外ではありません♪

液体洗剤だと肌への影響が強すぎて、

直に触ってしまうと荒れてしまうなんてこともあったりですが、

固形石鹸だと肌荒れにも優しいものが多いのがステキですよね♡

人によっては、液体洗剤よりも固形石鹸のほうが、

マスクについたピンク色や日焼け止めの汚れが落ちやすいなんてこともあるので、

液体洗剤であまりうまく落ちないようであれば使ってみるのもよさそうですね!

 

 

布マスクがピンクになるのを防ぐには?

 

布マスクを漂白剤につけると、

マスクに付着している日焼け止めの成分と反応してピンクに変色してしまう、

ってことなので、漂白剤を使わなければ、

マスクがピンクになることを防げるって話にはなりますが。

実は、漂白につけてもピンク色に変色しない方法ってあるんです。

 

それが、酸素系漂白剤を使うということ(`・ω・´)b

漂白剤は漂白剤でも布マスクをピンク色に染めてしまうのは、

塩素系漂白剤のしわざなんですよね。

日焼け止めと漂白剤の塩素系が合わさることで、

マスクはピンク色に染まってしまいます。

なので、漂白剤に浸けたかったら酸素系のものを使えば大丈夫♪

 

もちろん、日焼け止めを使っていなかったり、

特にメイクなんかもしてないってことなら、

塩素系漂白剤を使ってもピンクに染まることはないはずなので、

漂白剤も自由に使ってもらっちゃって大丈夫です^^

でも、そうじゃないなら酸素系の漂白剤を使うのが〇ですね!

せっかく漂白剤を使ってマスクをキレイに洗ったつもりでも、

ピンク色に変色してしまっては、

ピンク色を落とすのにもう一度洗い直さなきゃいけなくなるので、

二度手間になってしまいます。

私は、面倒くさがりなので、二度手間とかすごい嫌 キラィ(′H`o ≡ o′H`)キラィ

まぁ、面倒くさがりじゃなくても二度手間好きって人はいませんよねw

なので、二度手間にならないためにも、

漂白剤を使うときは注意いして使うようにするといいです。

漂白剤を使うのがよくないということではなく、

塩素系が日焼け止めの成分と相性がよくないということなので。

 

特に、今のこのご時世では、いろいろと気になるところもあるので、

漂白剤で除菌をしっかり行いたいと思ったりしますからね。

 

スポンサーリンク

 

マスクを漂白剤に浸けるとピンクに!?色を戻すにはどうしたらいいの? さいごに

漂白剤 ピンク 戻す

漂白剤につけたマスクがピンク色に変色してしまうのは、

マスクに残っている日焼け止めが原因ということでしたね!

ピンク色に染まってしまっても、液体洗剤やら洗濯用固形石鹸を使うことで、

元の色を取り戻せるので安心してくださいね^^

漂白剤に浸けると、マスクの汚れが落とせるほかに、

除菌効果もあるので、やっぱり漂白剤は手放せなかったり。

そんな人は、酸素系漂白剤を使うことで、

マスクがピンク色に染まることを防げるので、

ぜひお試しくださいませし~♪

 

この記事を見た人はこちらの記事も見ています♪