層雲峡 氷瀑まつり 車

 

北海道の冬のイベント、層雲峡温泉で毎年開催される氷瀑まつり。

今年は極寒の地で冬のイベントに出掛けてみてはいかがでしょうか?

そんなわけで、層雲峡の氷瀑まつりへの車でのアクセス方法について、

駐車場情報とともにご紹介していきます♪

言わなくても分かっているとは思いますが、お出かけの際は防寒対策もわすれずに!

 

スポンサーリンク

 

層雲峡の氷瀑まつりへの車でのアクセスはこちら♪

 

氷瀑まつりは北海道の層雲峡温泉のほうが会場となっています。

なので、車で向かう場合は上川郡上川町にある層雲峡温泉を目指して向かうことになります^^

ということで、車でのアクセスについて簡単にご案内していきます(・ω・)ノ

 

札幌方面から向かうよ!って方~

札幌から氷瀑まつりへ向かう場合は、道央自動車道を使って向かいましょう。

道央自動車道をしばらくというかだいぶ、150kmくらい進み、

比布JCTより旭川紋別道へ乗り換え、層雲峡・紋別・北見方面へ向かいます。

そして旭川紋別自動車道の上川層雲峡ICで一般道へ下り左折して道道849号へ、

しばらく進むと国道39号線とぶつかる交差点に差し掛かるので、

その交差点を右折して国道39号線を進みます。

あとは道なりに20kmちょっと車を走らせれば層雲峡温泉の氷瀑まつり会場です♪

札幌からだとこのルートで2時間半ちょっとで到着できますヽ(*´∇`)ノ

 

十勝方面から向かうんだ!って方~

層雲峡の南に位置する十勝方面から向かうって方も結構いらっしゃるかと。

てことで、帯広を中心として十勝方面から向かう場合のアクセスについても。

帯広から向かう場合は、まずは国道241号線より北上します。

しばらく道なりを進むと5股に分かれた交差点に差し掛かるので、

そこで国道273号線の上川・ぬかびら温泉郷方面へ曲がっちゃいましょう!

そうすればあとはそのまま道なりをひたすら突き進めていけばOKですよ^^

帯広からだと2時間半程度で辿り着ける予定です♪

札幌からよりは距離的に近いんですが、道路事情によってかかる時間はあまり変わらないという。。。

 

道東方面から行くんじゃい!って方~

網走や根室などの道東方面から氷瀑まつりに行くって場合は、

まずは、北見あたりを目指して出発してみましょう。

北見からは国道39号線より西方面へ向かってしまえば、

あとはそのまま道なりに沿って走らせていけばあっという間に会場です♪

 

どの地点から会場である層雲峡温泉へ向かうにしても、

真冬まっただ中で雪の影響を結構うけるはずなので、

安全運転で無理なく向かうようにしてくださいね。

道民なら雪道は慣れていると思いますが、それでも要注意で事故のないようにです!

 

スポンサーリンク

 

層雲峡の氷瀑まつりの駐車場事情ってどうなってる?

 

層雲峡の氷瀑まつりは駐車場もしっかり完備しています。

駐車可能台数:約200台

料金:無料♪

はい!お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、

駐車できる台数って意外と少ないんですよね(;’∀’)

層雲峡の氷瀑まつりは開催期間中、10万人を超える来場者がいるほど人気のあるまつり。

その数に対して準備している駐車可能台数があまりにも少ないんです。。。

結構すぐに埋まってしまうのが毎年恒例なので、

出来るのであれば近くのホテルに泊まってしまうってのがおすすめです。

そうすることで駐車場の心配をする必要もないし、

最後までゆっくり氷瀑まつりを堪能することができますからね~^^

>>【楽天】層雲峡温泉周辺の人気宿はこちら♪

冷えた身体を温泉でじっくり温めることができるのもいいですよね♡

 

スポンサーリンク

 

層雲峡の氷瀑まつりには車で行く!アクセスや駐車場情報は要チェック さいごに

 

層雲峡の氷瀑まつりは北海道の冬のイベントでも人気のあるまつりで、

毎年、10万人以上が来場するほどなんですよね。

駐車場が結構すぐに埋まってしまうので、なるべく早めに出発するのがおすすめです。

それかいっそ温泉宿に泊まってしまうのも手ですよ(`・ω・´)b

会場近くのホテルに宿泊するしないしないどちらにしても、

氷瀑まつり会場までの道のりでは十分安全運転で向かうようにですよ。

何かあってしまっては氷瀑まつりのステキで幻想的な光景を拝むことができなくなりますからね。

この記事を見た人はこちらの記事も見ています♪